TOP  > 自然  >   > 南房総エリア  > 伊予ケ岳(南房総市)

伊予ケ岳(南房総市)

伊予ケ岳 イメージ1

伊予ケ岳は、標高336.6mで房総の山名で唯一「岳」の付いています。鋭い岩峰を山頂から天空に突き出しています。山頂からの展望は360度の素晴らしい眺望です。東京湾はじめ房総の山並みや太平洋が一望に見渡せます。

エリア

南房総エリア

場所

伊予ケ岳 

所在地

南房総市平久里地先 

開催期間

通年 

料金

無料 

交通機関(バス)

JR内房線岩井駅から町営路線バストミー号「天神郷」下車徒歩1分 

連絡先(名称)

南房総市観光協会岩井案内所
0470-57-2088 

トイレ

施設内トイレ(無し)・周辺公衆トイレ(無し) 

バリアフリー

施設内トイレ(無し)・スロープ(無し) 

点字対応

説明文(無し) 

英字対応

説明文(無し) 

備考

周辺には、富山(349.5m)、岩婦湖、里見氏の墓などがあります。 

ホームページ

周辺エリアの情報

南房総市

【天神社】

南房総市

天神社は、通称・天神様と呼ばれ親しまれています。祭神は、菅原道眞、木花之佐久夜毘賣命、あまてらすおおひるめむちのみこと、建御名方神を祀っています。文和2年(1353年)に、細川相模守が京都北野天神をこの地に勧請しました。往古より平群の九村の鎮守でした。明治維新のさいに九村が分裂のため平久里中一区の鎮守となり現在は平群一円の総氏神です。九村にはそれぞれの氏神がありますので二重氏子の形となります。明治6年(1873年)に郷社となりました。

場  所 : 南房総市平久里中207
連絡先 : 南房総市教育委員会 0470-46-2963

詳細情報

【吉井の大井戸】

南房総市

吉井の大井戸は、富山のふもとの地下水が湧泉で吉井地区の生活用水や農業用水として利用されています。どんなに利用しても、どんな大日照りでも決して涸れることがないと言われています。ゆるやかに流れる水の近くに水車小屋がありのどかさを感じます。

場  所 : 南房総市吉沢1761
連絡先 : 南房総市商工観光部観光プロモーション課 0470-33-1091

詳細情報
鋸南町

【佐久間ダム公園】

鋸南町

佐久間ダムは、農業ダムとして大崩地区に造られました。貯水量は、121,6万トンの規模を誇ります。ダム周辺には、モニュメント広場、ロックガーデン、じゃぶじゃぶ池、八ツ橋、展望広場が完成されています。散策路には染井吉野、河津桜、八重桜など約1,500本の桜が植えられ桜の名所といわれています。4月には町民参加型花まつりとして「桜まつり」が行われます。水仙、梅などが見られます。親水公園もあり大人も子供も十分に楽しめます。

場  所 : 安房郡鋸南町大崩地先 佐久間ダム公園  
連絡先 : 鋸南町地域振興課まちづくり推進室 0470-55-1560

詳細情報
南房総市

【富山】

南房総市

富山は、里見八犬伝の物語の舞台となり標高は349.5mです。南房総を開拓した「天富命」がこの山頂で指導したとされていることと天富命を埋葬した地と伝えられる説があります。山の中腹に「伏姫の籠穴」があります。伏姫山門をくぐると八房を祀った犬塚があります。平成11年(1999年)2月に皇太子殿下と妃殿下が富山を御散策をされました。

場  所 : 南房総市合戸292 富山
連絡先 : 南房総市観光協会岩井案内所 0470-57-2088

詳細情報

【里見氏の墓】

南房総市

里見氏の墓は、県道富山・丸山線を三芳方面沿いの市有地にあります。房総里見家の里見義通(3代)・里見義豊(5代)が眠る墓です。高さ60㎝位の室町時代の多層塔で、古くはこの辺りに菩提寺の大霊院があったといわれています。里見義通と里見義豊は親子ですが、里見義豊が8才の時に父が死んだため、叔父の里美実尭が4代を継ぎました。里見義豊が元服しても約束に反して家督を譲らなかったので骨肉の争いの舞台となったがこの犬掛地区です。墓は南房総市の史跡に指定されました。

場  所 : 南房総市犬掛663 市指定史跡
連絡先 : 南房総市教育委員会 0470-46-2963

詳細情報

@
    違う文字にする
  • 「.xxxx@xxxxxx」や「xx..xx@xxxxxx」のように、ピリオドからはじまるメールアドレスや、ピリオドが連続しているようなメールアドレスには送信できません。
  • 携帯電話のドメイン指定受信を設定している方は「system@kanko.chuo.chiba.jp」からのメールを受信できるように設定してください。
  • 入力頂いたメールアドレスは今回の送信のみに使用し、送信後、メールアドレス及びデータは破棄されます。