TOP  > アウトドア/スポーツ/レジャー  > プール  > 北総エリア  > 温水プール(印西市)

温水プール(印西市)

温水プール イメージ1

温水プールは、印西クリーンセンターの余熱を有効利用しており、年間通して利用できます。
7コースの25mプールで深さ1.2m、子供用プールは深さ0.4mとなっており、男女別浴室(サウナ付)、トレーニングルーム、大広間及び和室等のレクリエーション性を加味したスポーツ施設です。

エリア

北総エリア

場所

温水センター 

所在地

印西市大塚1-3 

開催期間

通年 

定休日

毎月第1月曜日及び第3月曜日(祝祭日の場合は営業し翌日以降の平日)、年末年始、11月定期メンテナンス(年度により変更あり) 

料金

〔使用料〕
構成市町村に在住在勤の方(通常時3時間以内、7・8月2時間以内)
一般:400円、児童・生徒:200円
それ以外の方(通常時3時間以内、7・8月2時間以内)
一般:500円、児童・生徒:250円

※平成26年4月から、消費税率引き上げに伴い下記のとおり料金が改訂されます。
〔使用料〕
構成市町村に在住在勤の方(通常時3時間以内、7・8月2時間以内)
一般:420円、児童・生徒:210円
それ以外の方(通常時3時間以内、7・8月2時間以内)
一般:520円、児童・生徒:260円


 

交通機関(電車)

北総線千葉ニュータウン中央駅から徒歩15分 

連絡先(名称)

印西地区環境整備事業組合
0476-47-1661 

駐車場の有無等
※料金については各施設に
お問い合わせください。

普通車 80台 

トイレ

施設内トイレ(有り)・周辺公衆トイレ(有り) 

バリアフリー

施設内トイレ(有り)・スロープ(一部) 

点字対応

説明文(無し) 

英字対応

説明文(無し) 

備考

プールには、身障者の方への利便のためスロープも設けられています。浴室には多機能浴槽、脱衣室が用意されています。 

ホームページ

周辺エリアの情報

印西市

【泉倉寺】

印西市

泉倉寺は、三葉畑が点在する小倉郡落にあり道端の「光堂」と刻まれた石碑を見ながら坂を上るところにあります。本尊は、阿弥陀如来です。青磁色の、重層銅板葺きの阿弥陀堂形式の本堂は、美しく映えています。本堂脇の庫裏内の客殿には、「木造延命地蔵菩薩坐像」が安置されております。いんざい七福神めぐりの一つ毘沙門天が祀られている札所としても知られています。

場  所 : 印西市和泉971 印西市和泉971
連絡先 : 泉倉寺 0476-42-3322

詳細情報

【宝珠院観音堂】

印西市

宝珠院観音堂は、昭和28年(1953年)から昭和29年(1954年)の解体修理によって、厨子内に永禄6年(1563年)の墨書銘が発見され、厨子の製作時期が判明しました。観音堂の建立も構造的特徴から、ほぼ同時期と推定されます。閑静で長い石段の境内にあり、正面三間、側面三間の茅葺きの屋根が建物の中心から下がる形態の寄棟造の堂です。内部は後部二間が内陣(仏を祀った最も奥の一画)前部一間が外陣という構造になっています。

場  所 : 印西市小倉1138 国指定重文
連絡先 : 印西市生涯学習課 0476-42-5111

詳細情報

【いなざき獅子舞】

印西市

いなざき獅子舞は、鳥見神社の秋祭りに江戸時代より「いなざき獅子舞」が奉納されています。「いなざき」とは、稲の収穫を前にしてという意味があり獅子舞は秋の豊作を感謝する気持ちと子孫繁栄を表現したものです。和泉の鳥見神社は、祭神・饒速日命を祀る神社で創建年は不明です。慶安3年(1650年)に再興されてという記録が残っています。昭和41年(1966年)4月29日に印西市の無形文化財に指定されました。

場  所 : 印西市和泉622 鳥見神社 市指定無文・和泉鳥見神社
連絡先 : 印西市生涯学習課 0476-42-5111

詳細情報

【銅造不動明王立像】

印西市

銅造不動明王立像は、結縁寺の本堂内に安置されています。仏像は像高47cmで右手に宝剣、左手に羂索[ケンサク]を持っています。表情は左の上牙で下唇を右の下牙で上唇を噛みしめ全体的に力強い表情です。正面の裳(腰から下の衣)には「嘉元元年癸卯九月十五日 願主権律瀧尊」の銘が刻まれており嘉元1年(1303年)鎌倉時代後期に造像されたことがわかります。結縁寺は、神亀年間(724年~729年)に行基により創建されました。

場  所 : 印西市結縁寺516 結縁寺 国指定重文
連絡先 : 印西市生涯学習課 0476-42-5111

詳細情報

【結縁寺】

印西市

結縁寺は、周りをイチョウの木に囲まれた小寺で、奈良時代の僧・行基が開いたといわれています。銅造不動明王像を安置することで知られています。不動明王像は嘉元元年(1303年)に造られ、高さ47cmの小さなもので左の上牙で下唇を、右の下牙で上唇を噛みしめた面相や逞しい体つきなど鎌倉時代の特色を表しています。この像は国の重要文化財に指定され、阿弥陀三尊とともに祀られています。境内に咲く彼岸花は「印西八景」の一つに指定されています。

場  所 : 印西市結縁寺516 千葉県印西市結縁寺516
連絡先 : 松虫寺 0476-98-0096

詳細情報

@
    違う文字にする
  • 「.xxxx@xxxxxx」や「xx..xx@xxxxxx」のように、ピリオドからはじまるメールアドレスや、ピリオドが連続しているようなメールアドレスには送信できません。
  • 携帯電話のドメイン指定受信を設定している方は「system@kanko.chuo.chiba.jp」からのメールを受信できるように設定してください。
  • 入力頂いたメールアドレスは今回の送信のみに使用し、送信後、メールアドレス及びデータは破棄されます。